スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上記事の更新がないブログに表示されます。
新しい記事を書くことで、こちらの広告の表示を消すことができます。  

Posted by ミリタリーブログ  at 

2018年01月10日

スパイラルガスチューブ

引き続きハニバ弄りネタで
今回はエアーガンではただの飾りでしかないパーツですが
ガスチューブにちょっと拘ってみました。

機関部はAR15系そのままのガス直噴式ガスオペレーションとロータリーロックボルト。・・・ボルトのバッファーも大きく切り詰められ、ガス作動用の銃身内ベントが機関部にかなり近接したショートレングス・ガスシステムながら、作動は良好であるらしい。(Media Gun database)

とのことなのですが
ハニバのハンドガード内部のよく解る画像なんかが拾えなかったため
もう半分脳内補完

スパイラルガスチューブ仕様にしてみましたicon01

「え?何それ?」って方のために
(※これは実銃用パーツの話です)

ARMSのスパイラルガスチューブ。いくつかのメーカーも同じような製品を出しています。
見ての通りガスブロックが手前にあっても長さが取れるようにらせんになっています。動作が安定しにくいARピストルなどに向いているそうですよ。
(乾 宗一郎 様 著 文面と画像お借り致します。何卒ご容赦下さい。)

というまさにショートバレルのARじゃないと使う機会のないネタなのでハニバにもうってつけということで
パーツとしての販売は見かけないので自作してみましたicon22

で、ハイダーとサプレッサーも
ハンドガードがサプレッサーとその基部を覆っているため、一見MP5SDのような銃身一体型サプレッサーのようにも見えるが、実際は銃口装着型のQDサプレッサーである。サプレッサー基部に包まれた銃口部には同社製のブラックアウト・フラッシュハイダーが設けられ、銃身長は僅か6インチと極端に短い。(Media Gun database)
ということなので

アウターバレルにサプレッサーを直着けせずAACタイプのハイダーとQDサプレッサーの組み合わせへ


基本的には減音系の方に振る為にエアブレーキピストンとの組み合わせ
しかしショートバレルのせいで流速系の破裂音icon11

サプレッサーのスポンジやバッフルを制作し組み合わせてまた減音icon11
まさに拘るせいで何がしたいのか解らなくなっていっている悪い例ですね(笑)
セッティングのやり直しかな(笑)  


Posted by 低王  at 17:10Comments(0)電動ガンパーツ製作

2018年01月09日

ハニバ改ハニバ

新年明けましておめでとうございます。

毎年のことながら年末は家業の土木作業でご無沙汰しております低王です。

年末はなかなかネタが少ない状態ですが
ちょっと前からの造りかけのネタで暫く繋ごうかなと(笑)


独特のルックスで人気(最近は落ち着き加減)のハニーバジャーですが

ARES製 剛性には不満は無い(というかむしろ凄い)けど樹脂フレームなのとオリジナルテイストが加えられた外観

G&G製 こちらもアンビマグキャッチだったりデザインが更に複雑な感じだったり
オリジナルテイストがARESよりも更に強い感じのメタルフレーム

どちらににしろ大人の事情で「コレ!」ってベスト版が無く
自分と同じようにモヤモヤしている方は結構いらっしゃるのでは?

架空銃は好きではない自分ですが
この際オリジナルテイストな外観部分は妥協しながらむしろ自分的に好みの組み合わせのハニバを作ってしまうことにしました。

だってはにって製造メーカーが変わったりで外観もコロコロ変わるので自分的に「コレじゃなきゃ」ってのがあんまり無い子になってしまっているので(笑)

やっぱりメタルフレームは譲れないという部分から
G&G製をベースにARESのハンドガードを組み合わせてみました。

G&G製のアッパーフレームの前方はオリジナルのハンドガードと組み合わせる関係上特殊な形状をしているため、それに合わせた形でハンドガードを加工する必要があります。

ハニバは銃身長6インチって情報(Wikipedia)を元にバレルとハンドガード、サプレッサーのバランスを取って組み合わせるわけですが
ARES製 アウターバレルがやたら短くガスブロックは省略されている
G&G製 ガスブロックやガスチューブは再現されているけどアウターがちょっと長くサプレッサーを組み合わせると飛び出し過ぎる
という状態になるため、納得できるバランスのアウターバレルとガスブロック、サプレッサーを準備することになりました。

ガスチューブは改めてネタにしたい内容となりましたので
次回の記事にしたいと思いますicon01
  


Posted by 低王  at 09:17Comments(0)電動ガン

2017年11月14日

極限までサッパリさせてみた(次世代バッファーチューブinバッテリー)

バッテリーを収める時に
配線が邪魔でうまく入らないとか
配線とバッテリーをうまく収めるのにメチャメチャコツが要るとか
無理やり押し込んでバッテリーや配線に傷がついた
なんて経験は皆さんあると思いますが
正直仕方ないものとして放置されていることが多いと思います。

特に外装カスタムをされる可能性が高いM4系については
スタンダードなら対策されたバッファーチューブなんかもありますが
次世代となるとなかなかそうはいきませんね。
特にハンドガードにもストックにもバッテリースペースが無く
リコイルユニットを撤去してバッファーチューブをバッテリースペースとするしかない仕様(外部バッテリー仕様は嫌だって人ね)とか
本当に高性能なM4が欲しくて次世代をスタンダード化して外装カスタムをした場合等いろいろなケースがありますが
次世代のバッファーチューブは内径が狭かったり
もともと蓋が着いていた部分のネジ山があったり
バッテリーを傷つけやすかったりしますね。

ということで
バッファーチューブ内にスティックタイプのリポバッテリーを収納する前提として
限りなくサッパリとしたコネクター周りになるよう製作してみました。
(お客さんの希望があり作ったワケではありますが(笑))

蓋が着く部分のネジ山を削り落とし
とぅるんとぅるんにします。
で、配線をバッテリーと一緒にバッファーチューブに押し込まなくてもいいようにしてみました。


もちろんヒューズレスにすることもなく

配線も可能な限り短く

このように収まるので

このコネクターに挿すだけicon01

  


Posted by 低王  at 17:24Comments(2)次世代パーツ製作

2017年11月12日

クラウン ELEX9 10禁→18禁化 追補版 トリガープル調整

前々回記事まで数回に分け記事にしました
クラウン製 10才以上用電動ガン ELEX9 の10禁→18禁化企画の最後で
トリガーが重く調整が必要という課題を残したままでしたので
改めて調整、紹介したいと思います。

ネットで検索すると自分以外にもELEX9のトリガープルが重いことに触れ
改善を行った内容を紹介されているブログを見た事もありましたので
この前までの内容に加えこっそりトリガースプリングも交換はしていましたが
やっぱり大して変わらない(軽くはなるにはなってるんですがイマイチ)ので
ちょっと真面目にやってみました。

トリガースプリングをさらに弱くすることにより改善はしていくのですが
今度はトリガーがリセット位置まで戻り切らないという難点が出て来たり
トリガーバーを介して押しているスイッチに接するパーツの所のスプリングがむしろ硬い?
という疑問もあったためチェックしてみました。

そしたら案の定ですよ

ここの部分のスプリング
意外と硬いスプリングを使っているんですねicon11
こいつを

スタンダード18禁電動ガンなんかのカットオフレバーに使われている柔らかいスプリングに交換、スプリングの長さがそのままでは足りないので
ゴム板を切り出しかさ上げをし組み合わせました。
スイッチが押せるところまで白いパーツがちゃんと後退するかは要確認、
スプリングの外径が大きい場合はメカボに干渉しスムーズに動かないので
それらを含めてスムーズに白いパーツが動くかはよく確認する必要があります。

この調整を行うことにより
セミオートではむしろトリガーロックしてしまってメカボの方が追従出来ないってことになるくらい軽くトリガーが指切り出来るようになります。

お子さんがELEX9を使っていて
「トリガーが重くて引くの疲れる」とか言う場合はこのへんを調整してあげるとお父さんの株も上がるかもしれませんねicon01
  


Posted by 低王  at 10:58Comments(0)電動ガン実験コンパクト電動ガン

2017年11月10日

G&G FNC バースト追加しながら擬似ブロ化

クラウン製ELEX9ネタに行ったまま
ストップしたままになっていましたFNCのバースト化でしたが
この度ようやく形になりましたicon01

やるやる言っててやらないと
“やるやる詐欺だ”とか言われてしまいますからね(笑)

古いマルイ製の電子バーストユニット(SG550・551)に着いてたヤツを利用してのバースト追加でしたが、ユニットを短絡させバーストとフルオートを切り替える為のスイッチとなる接点をどうセレクターに連動させるかに非常に悩まされ停滞していた訳です。


セーフティ→セミ→バースト→フルとセレクターを回していく上で
メカボックス上のセレクタープレートは実質、バースト時とフルオート時は同じ位置のままになるため変化の付けようが無く、バースト回路を短絡させるためのスイッチをどうするか・・・
接点をフレーム側に設置するにしても物凄く小な接点が必要・・・
ということだったんですが

お客さんの銃にDTMを組んでいてあるものに目が行きました。
コレです。
この小さな検出スイッチ。
(比較としてミニコネクター)

いやぁ、技術の進歩って有難いですね(笑)

早速スイッチを取り寄せ
このサイズならどうにかということで
スイッチに配線をハンダ付け後プラ板でサンドイッチしセレクター裏のカムの停止位置に合わせて設置

スイッチを設置する関係上ロアフレーム内側のセレクターカム下側は結構盛大に削っています。


しかしバースト回路を組むととにかく配線本数が増えるので
フレーム自体にも配線を無理無く通すための加工が随所に必要になります。
また、再度分解整備を行う時のことも考えながら配線を作らないと二度と分解したくない銃になっちゃうので悩みどころです。

で、何とかハンドガード内に収め
完成したのがこちら


無ければ無いで困りはしないバーストですが
セレクターに表記されている以上そうなっていないと何かモヤモヤするじゃないですか(笑)
  


2017年11月06日

10禁電動ガンをガチで弄った結果(笑)

子から親に受け継がれる名銃製作記
10禁→18禁 ①〜⑤の記事の涙ぐましい悪戦苦闘も実を結び
今回はラストの完成編となります。

アッパーレシーバーのテイクダウンはノーマル同様簡単にできる仕様とし

可変ホップは工具を必要としないローレットビスでの調整仕様
バッテリーはフォアグリップ内部に7.4v 700mAh リポバッテリーを収納することにより外観を崩さないようにしました。

肝心の実射性能ですが

0.20g弾使用、ホップ最弱時
初速的には50台前半ともう少し欲張りたい気もしますが
メカボ内部の仕様を考えるとそっちの方向は詰めない方が吉かと思われるので
18禁でも初速が低めのエアコキハンドガンやガスガンと大差無いと考えれば及第点かな(笑)
サイクルは秒間19発と予想以上の数値を叩き出してくれました。
個人的にはもう少しサイクルは低くてもいいかなと思いますので
モーターのコイルの仕様をもう少し詰めてみたいと思います。
弾道はだいたい18禁のマルイ製エアコキハンドガンですicon22
室内戦用、セカンダリーウェポンとしては十分に使える性能ですね。

動画はこちら

ブローバックギミックの他
チャージングハンドルでのダミーボルト後退ギミックも着けてみましたicon22
まあ、ダミーボルトを後退させる事ができても意味は無いんですがね(笑)
雰囲気ですよ雰囲気
ただ、トリガーストロークが長めな上にトリガーが重い(笑)
このへんは要改善ですね。

耐久性はまだ不明ではありますが
個人的には遊びやカスタムの可能性の提示になれば幸いかなと思います(笑)
  


2017年11月06日

10禁→18禁 電動MP9(ELEX9)製作記⑤ オトナの拘り編

子から親に受け継がれる名銃製作記

クラウン製ELEX9は1/1スケールの10禁電動ガンですが
個人的には非常に良く出来ていると思います。
トリガーの動きも回転軸タイプではなくストレートプルタイプと
実銃同様の動きの設計としており好感が持てます。
しかし惜しいのが
TMPからMP9になるにあたりB&Tで手を加えた部分がデフォルメされ

トリガーセーフティが省略され
セレクターでセーフティ/セミ/フルを切り替える仕様としている部分です。
(10禁の玩具としてはセーフティが確実なこの方法がむしろ正解ではあるとは思います)
ただ、拘らなければどうでもいいと言えばどうでもいいんですが
オトナとしてはこのへんは拘りたいじゃないですか(笑)

グリップ上部トリガー後方のセレクターも
セーフティが加わることにより妙な飛び出し感もあるため
ここはしっかりと
セーフティ → トリガーセーフティ
セミ/フルの切り替え → セレクター
としっかりと住み分けをしてセレクターも違和感の無い状態に。
ディティールアップとしてボルトキャッチ上部のアッパーレシーバーの切り欠きのモールドをしっかりと切り欠き、いかにも動きそうな雰囲気に。
リセス下も穴を開け動きそうな雰囲気に。
クラウン刻印もサッパリと埋め(クラウンさんごめんなさい)
ツルツルした質感のレシーバーですがインディのブラックパーカーを遠めから吹き付けザラついた質感に。

ELEX9とビシッと刻印の入ったモールドのダミーボルトとはさっぱりと決別

ステンレス板で新しくダミーボルトを製作しました。
これは自分の持ちネタの擬似ブローバック化への布石でもありますicon01
(擬似ブローバック化を進めるにあたりダミーボルトの形状も若干変化することになりました)

アッパーレシーバーと一体成型されているアッパーレール
別にそのままでも良かったのですがやっぱり切り離して

金属製レールに取り替えることにしました。
なぜならば

チャージングハンドルを引いてダミーボルトを後退させるギミックを追加する上で、詰まる物が詰まっていないと連結が逃げてしまうため
ノーマルの一体成型のレールは内側が肉抜きされており都合が悪いのです。
あとほら、なんつーか、レールはやっぱ金属製じゃないとなんかヤワいイメージというか・・・

次回はいよいよ完成編となります。  


2017年11月05日

10禁→18禁 電動MP9(ELEX9)製作記④ バレル編

子から親に受け継がれる名銃製作記


今回はプラスチック製のわりとルーズな内径のバレルをタイトバレルに交換していきます。
チャンバーパッキンの形状はマルイ製ガスブロ&VSRのチャンバーパッキンの形状に近かったためバレルはたまたま余っていたライラのM1911用を加工して使用

チャンバーパッキンはマルイ製ガスブロ&VSR用を加工し試してみましたが
チャンバーとの相性か付属パッキンの方が気密が取れるため
チャンバーパッキンはそのまま使用することにしました。
ノーマルの状態ではプラスチック製バレルのリブで直接チャンバーに固定されていますが、バレルを変更するとチャンバーにバレルを固定できなくなるためカラーを製作し固定する必要が出てきます。

ノーマル状態では固定ホップ仕様ですが、ここまでやったら可変ホップにしたいですよね。

ということで純正パーツを軽く加工、スプリングを追加し
マルイ製同様にクッションゴムを介してパッキンを押す方式に変更します。

組んでから気付いたのですが、
ノズルに押された弾がチャンバーパッキン内で固定されておらず
そのままではつまずきホップになり命中精度は期待できないため
ノズルの寸法を変更し対策します。

次回はディティールアップ、ギミック追加のオトナの拘り編になります。  


Posted by 低王  at 18:04Comments(0)電動ガン実験コンパクト電動ガン

2017年11月04日

10禁→18禁 電動MP9(ELEX9)製作記③ 電装系編

子から親に受け継がれる名銃製作記

問題点でも挙げた通り
こいつのスイッチは3A仕様!
負荷多めでリポバッテリーを使ってセミオート多用してたら
そらあっちゅー間にスイッチがお亡くなりになると思われるので
個人的にはあまり好きではない方法ですが
FETを使用しスイッチ自体の負担は極力無しにする方向で

このスイッチの問題は大した問題ではなく
こいつの場合、電装系における最大の問題はモーターでして
トルク、回転数共に満足の行く内容のモーター自体が存在していないというところにあり、
SHS製トレポン用M90スプリングを9分の4程度にカットしたものを組み込んだ状態で7.4vでドライブさせると

付属中華モーターではドライブ可能、秒間9発程度
準備したドアロックアクチュエーターモーターではドライブ不可
という結果となりました。
一応ドアロックアクチュエーター用のモーターは12vで12500rpmくらいの性能のもののようです。
無負荷で回した際には同じような音がしていたため付属中華モーターも似たようなもんでしょう。

12vで12500rpmだとザックリ考えて7.4vだと8000rpm下くらいにしかなんないのか・・・(あくまでザックリね)
とにかく既存のモーターではトルク、回転数共にどうにもならないと。

仕方がないので

モーターを分解、コイルの手巻きを行い
ワンオフで納得の行くモーターを作ることにしました。
まさか手巻きコイルのモーターを作る事になるとは自分でも考えていませんでした(笑)
が、こいつのカスタムをする上で性能面の底上げの最大のキモとなる部分は
モーターのワンオフ製作であったことは確かです。
ただ、モーターを弄るということは
※ちょっとしたミスで発火等の事故に繋がる可能性がありますので
真似する場合はあくまで自己責任、自分は一切の責任を負いかねます!

まあカスタムは基本的に自己責任ですんで・・・


7.4vで30000rpmなんてものも出来ましたが間違いなくオーバースペックでしょう(笑)
モーター自体の発熱量も結構なもんになりますしね(笑)


とりあえずちょうど良さそうな
7.4v 22000rpmくらいのもので組んで行きます。
結果的にSHS製トレポン用M90スプリングを9分の5程度にカットしたものも
難無くドライブしてくれるトルクも発生しているようなので良しとしましょう。

初速やサイクル、どんな動きになるのかは最後に公表したいと思いますので
今暫くお付き合い下さいicon22
次回はバレル編となります。
  


2017年11月04日

10禁→18禁 電動MP9(ELEX9)製作記② メカボ編

子から親に受け継がれる名銃製作記

まずはノーマル状態よりも間違いなく負荷をかけるセッティングとなることはわかっているので、しっかりとギアのクリアランスを見て行きたいと思います。

これはノーマル状態でのギアの様子ですが
左:ベベルギア モーターのピニオンギアに接触して浮いた状態
真中:スパーギア ベベルギアと半分位しか噛んでいない
右:セクターギア 低すぎるスパーギアに既に接している
シムなんかは一切入っていない状態です。
モーター位置の調整が出来ない(というかモーターのピニオンギアとベベルギアの形状の関係上調整出来ない)ので
セオリー通りスパーギア基準のシム調整では対応しきれないため
ベベルギアを基準としシム調整を行います。
(シムは3mm軸用、2mm軸用が必要となります)

しかし!
スパー、セクターギアの高さが高くなることにより
セクターギアのタペットカムがメカボ壁面に接触するようになるため

ペンで印を付けた約0.5mmを削る必要が出てきます。

で、削って加工した後

タペットとセクターギアのタペットカムの高さがツライチになるようになります。
あ、因みにこいつのシリンダーははノズルとタペットプレートが一体になった形状をしています。

ベベルギアの逆転防止ラッチのかかる歯は昔のマルイ製電動ガンのように2枚歯

せっかくなので4枚歯になるように加工を行い使用してみます。


次にシリンダー、ピストン関係ですが
シリンダー内部に緩衝材なんかが一切無い状態なので
マルイ製シリンダーヘッドにも貼られている(?)ハネナイトシートを貼り付けます。


するとピストンの停止位置がシートの厚み分下がってしまうので

ピストンのラックギアの後ろから2番目の歯が
セクターギアと接触しない高さまで削ります。
完全に削り落としてしまうと一番後方のギアにかかる負荷が増加するので
削り量は最小限としています。
ノーマルの状態のセクターギアとは違いピストンとの干渉箇所も新たに発生してくるため
干渉箇所の加工も行う必要があります。

ついでに

シリンダーとピストンは意外にしっかりと気密は取れており、
既に後方吸気タイプのピストンヘッドになっていますが、
ピストンOリングに対しピストンヘッドのOリングの嵌る隙間が狭く
ぶっちゃけ後方吸気になっていません(笑)
ノズルを塞いでピストンを引くとガッツリ抵抗があることが確認できます。
ここは一工夫してちゃんと後方吸気タイプのピストンヘッドの動きになるようにしています。
Oリングを交換してしまう方法も考えましたが、ホームセンターには丁度いいサイズのOリングがなかったんですface07

次回は電装系編かバレル編になります。  


Posted by 低王  at 09:46Comments(0)電動ガン実験コンパクト電動ガン