スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上記事の更新がないブログに表示されます。
新しい記事を書くことで、こちらの広告の表示を消すことができます。  

Posted by ミリタリーブログ  at 

2018年04月23日

マルシン製トーラスレイジングブル(Xカート)用メタルサイドプレート販売開始


全国のマルシン製カート式ガスリボルバーファンの皆さんお待たせしました!
今回はあまり需要は無いと思われましたが独断と偏見で
マルシン製トーラス レイジングブル用メタルサイドプレートを制作しましたface03
このモデル自体がCO2モデルに代代わりするため絶版となってしまっていますがicon11

では

純正サイドプレート(HW)の重量

こちらはメタルサイドプレートの重量
約40g強の重量アップになります。
パイソン、M19用とは違い今回は重量アップのための形状変更が難しかったので形状は純正と同じになります。

材質は亜鉛合金製
鋳物肌だったり湯じわ、成型の甘さ等もありますが
技術でカバーできる上級者向けアイテムとして販売いたしますicon01
ランナーの切り落としは行いますが
最終的な細部の調整、平面の研ぎ出し、湯じわやスの処理、塗装等を行える上級レベルの方用です。
販売価格はヤフーオークションにて¥5,000(即決¥5,500)
で出品させて頂いております。
https://page.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/h314783460  


Posted by 低王  at 23:08Comments(0)ガスリボパーツ製作

2018年04月21日

グロック18Cメカコピー系 フルオート病対策

4月は新しい年の始めということもあり
いろいろバタバタしたり
たまっていたバックオーダーの消化や
お待たせしていた地元でのお仕事等いろいろありまして
ブログの更新をサボり気味でしたが
この度カミさんからサバゲー解禁の許可を貰い
ちょっと浮かれ気味の低王ですface03

今回は

マルイ製ガスブロG18Cのメカの海外製コピー版にあるあるの
フルオート病(セミオートがバーストやフルオートになっちゃうヤツ)
の改善方法を紹介したいと思います。
スリムなボディと絶妙な隙間感がリアルな外観だけは言う事無しなガッカリさん
Stark ArmsのG17・G18C・G19
リアル刻印が嬉しいWalther版グロック
umarexのWalther PPQ
こちらもリアル刻印とマルイには無いコンパクトをモデルアップした
WEののM&P9C(フルオート版)
これらの“外観はいいんだけと問題児”はほぼフルオート病が発生し
先人の方々のお知恵を拝借しながら
マルイ製G18Cのスプリングに交換したり
ブリーチ上部とスライドの間にアルミテープなんかを挟んでみたり
まあいろいろやりましたが完全な解消とまではならず
ぶっちゃけ匙を投げていた感があった訳ですが
今回改めてこの課題に取り組んでみました。

ちょっと解りづらいですが
まずはデフォルトの状態

①初弾装填、ハンマーコック状態
ハンマーか倒れシアーがかかりロックされています。

②トリガーを引き発砲
トリガーを引くとトリガーバーに押されてシアーが後退
連結が切れハンマーが起き上がります。
この時トリガーバーと一体化しているディスコネクターも
後退した位置でせり上がった状態になっています。

③スライド後退→スライド前進
スライド後退開始直後
ディスコネクターが押し下げられシアーとの連結が切られ
シアーがリセット位置まで前進

スライドの後退に押されハンマーが後ろに倒れながら
シアーもハンマーのラッチのカムに添い後退
本来はここでハンマーのラッチにシアーがかかり
ハンマーがコックされた状態になる訳ですが・・・

ハンマーにシアーがかかりません!
シアーがハンマーのラッチのカムに添い後退したまんま。
運良くシアーがかかればバースト状態。
ずーっとシアーがかからないとフルオート状態。
なんでシアーが戻ってこないかというと

問題はコイツ、トリガーバーとフレームを繋いでいる
言わばトリガースプリング。
こいつのテンションが高過ぎてディスコネクターがせり上がる力が
シアーが戻ろうとしている力に勝ってしまうから起こる事だったんですね。
自分は海外製電動ガンのスイッチスプリングを加工してとりあえず組んでみました。
ここのスプリングのテンションを低くすると

あら、何と言う事でしょう!
ちゃんとハンマーのラッチのカムにシアーが追従しかかるようになったではありませんか!

これならフルオートをオミットするつもりならば
フルオートシアーを撤去しても何ら問題はありません。

今回はstark Armsのグロックを例としましたが
ここまでの作業だけだと空撃ち時トリガーがマルイのG26のように後退位置でロックされなくなるとか、umarexのPPQの場合はトリガーバー(の後端のディスコネクター)を押し上げようとするスプリングがちがっていたり、WEのM&Pはフルオートシアーを撤去すると逆に動きが悪くなったり、モデルによりちょっとずつコツか違うのでそこはそれぞれ対策が必要になります。
  


Posted by 低王  at 01:02Comments(0)ガスブロ

2018年03月28日

AA-12 メタルチャージングハンドル製作

冬季の土木工事に勤しんでいるあいだ
溜まりに溜まったバックオーダーicon10
ご依頼頂いております皆様ありがとうございますface01

このたびAA-12のブローバック カスタムのご依頼を頂いたことを機に

メタルチャージングハンドル製作をしてみましたface03
マルイ、マルシン製ガスリボルバーのサイドプレート等と同じく材質は亜鉛合金です。

擬似ブローバック化を行うに際し
チャージングハンドルとダミーボルトをそれぞれ別に動かせる仕様としたため
ダミーボルト自体をロックさせる必要があったので
純正パーツにプラ板を接着しツメを作っていましたが、
正直強度としては不安が残っていました。
自分のものならともかく、お客さんの依頼で製作するものに
そういった不安要素をなるべく残したくなかったので
前々から考えていましたが今回行動に移しましたface01


空洞部分はパテ埋め後に型としましたので(空洞無い方が型取りやすいんですよface06)
メタルの方は空洞無しicon01

型とした純正パーツはプラ板(白い部分)の部分だけが純正と違う形になっているだけなので、要らない部分を切り落とせば形状は純正パーツと同じ(スプリングの受け部は違うけど組み付け方は同じ)なので、ノーマルのAA-12にも使えますicon22
ブローバック カスタム用のパーツとして製作しましたが
欲しいというお話があれば(無いか(笑))
販売もできますのでお気軽にご連絡くださいface03
価格は・・・¥3,000(送料別)くらいかなicon01


  


2018年03月03日

G&G SAKO RK95 改修

エアーガン唯一のマニアックな存在
G&GさんのRK95

他のAK系(RK95自体は親戚みたいなものでAKではない)に比べ
分解手順が特殊だったり
G&Gさんだけの特殊なブローバック機構

メカボックス上にブローバック用のシリンダーがありまして
ダミーボルトはそのシリンダーに収まるピストンに連結されています。

ピストンの解放と同時にメインのシリンダーから
メカボックス上部のシリンダーにもエアーがバイパスされ
ブローバック用のピストンが後方にスポーンと伸びて
ダミーボルトを後退させます。
優れた点として
機械的な抵抗が無く、極端な話ダミーボルトを掴んだまま動かしたとしても
メカボックス内部を破損させてしまうことが無い点。
空撃ちではブローバック機構は動作せず、弾有りの場合のみブローバック機構が動作する点。
メカニズムとしてもブローバック用のシリンダー内部にリコイルスプリングも内蔵されているため、全てのブローバック機構をメカボックス上部のシリンダーに纏めているため非常にコンパクトに機構が纏められており、正直凄いなと思いました。
もちろん機構上エアーのロスもある訳ですが、
きちんと調整してやれば初速もきちんと90台に持っていけます。

そんなG&G製の機構を褒めちぎるだけだと自分のネタにならん訳でicon11

はい、お馴染みのAPS製メカボックスを使用した内容に改修

G&Gさんのブローバック機構の優れた点を挙げといて何ですがicon11
チャンバーでの抜弾抵抗によって動作するブローバック機構なので
ホップのかけ具合によってダミーボルトの後退量が変わってしまう点とか、
機械的な擬似ブローバックよりも更にリコイル感が無く寂しい点、
セッティングが詰め辛い点とか、部品の入手性とか、
トップカバーの脱着を簡単に行えるようにし整備性を良くしたいとか
まあいろいろありまして(笑)
それにこのG&G製エアーブローバック機構はもっと別モデルに改めて使いたい気がするのと
この機構にちょっと細工をするとまた違う使い方ができそうなので温存ですicon01
APS製メカボックスを組み込むにあたり思わぬ弊害(良い意味で)が

左:今回メカボ載せ換えたRK95
右:純粋なAPS製AK74
リコイルスプリングの位置がこっちの方が良いじゃないか!
メカ的に見た目かっこいい。
どうでもいい要素ではありますがね(笑)
バッテリースペースがが完全にハンドガード内にあり
チャーバー上部からバッテリーにアクセスする必要のない構造だからできた訳ですがicon12

動画はこちら

空撃ちでも弾有りでも変わらない動作なので気難しさは無いですね。
今回もローサイクルの方向でウンコな机モーター仕様です。

  


2018年03月01日

見つけた!

ども。
前回からマガジンばっか弄ってる気がする低王です。
今回のお題はSAKO RK95ですが

はい、画像見てピンと来た人は間違い無くマニアックです。
自分はオタクとかじゃないとか否定しても周りは認めていません。
自覚して下さい(笑)
だってこんな銃の微妙な違い・・・ねえ?

通常認知されている
RK95と言えば

真ん中の7.62×39のヤツ。
このG&G製RK95(大人の事情でGK99)もこのモデルをモデルアップしているワケですが
今回見つけたのが
ICS製ガリルの多弾マガジンを何となく突っ込むと
下から2番目の
5.56×45の仕様(細かい部分は抜きとして)になっちゃうicon01
加工も一切無し、給弾不良も無く使えちゃうicon01
ちなみにCYMA製のガリル用ノーマルマガジンも対応させようとも思いましたが、
さすがに加工が面倒だったので辞めましたface07

で、5.56×45仕様と思われるRK95ネタのお話と言えば
うぽって!!のサコさん。
(※最初に書いときますが揚げ足取りは趣味じゃないですし
漫画家さんって大変だなと思ってますので
読者としてはは充分楽しませて頂いてますface03
細かいコトは気にせず
どんどん良い作品を作って頂ければと思いますface03)

2巻の頃
気になって改めて確認

こっちは9巻
やっぱりワッフルマガジンだよなぁ・・・
自分が解んないだけできっと5.56mmの方のワッフルマガジンもあるんだよきっと。
この手の5.56mm×45(5.56×39じゃなくてね)のワッフルマガジンと言えば

アーセナルSLR-106UR。
こいつのマガジンを・・・

こういう解釈でOK?
いやぁ・・・、でもなあ・・・、これブルガリアのだべ?

謎は深まるばかりだな・・・。

でもまあオモチャだし細けぇコトはいいんだって(笑)
  


Posted by 低王  at 23:33Comments(0)電動ガン流用実験

2018年02月27日

ICS ガリルにノーマルマガジンを使いたい

グリップ上セレクターがライブで動作する唯一のガリル
ICS製ガリルですが
ノーマルマガジン派の人にとっては頭の痛い問題
ノーマルマガジンの設定が無いと・・・face07
AKマガジンを使うとかはどうにも納得出来ない性質なので
各メーカーさんのガリルのマガジンの互換性やらをネットを徘徊して調べてみましたが
有力な情報は見つからずface07
ICSさんのホームページを観てもそれらしいものも見あたらず
恐らくこの先も出ないな。

ということで
価格と入手性を考え

CYMA製ガリルのノーマルマガジンを使用できるようにしてしまおう!
と、今回人柱になってみましたface03


とりあえずマガジンハウジングの内寸


ICS製多弾マガジンの外寸


CYMA製ノーマルマガジンの外寸



マガジンハウジング前方の左右のみならず
給弾口後ろ左右のリブも削り落とす必要があり
更にはマガジンと本体の給弾口位置を合わせるため
マガジンハウジングも前方に削る必要がありましたicon11

そして
マガジン前方の引っかかる部分の高さも問題となり
前方が気持ち下がらないとマガジンハウジング内側の内壁に干渉し入らないため

左:加工後
右:未加工
このように爪のかかり位置が少し上に行くよう加工が必要となります。
あ、ちなみにCYMA製マガジンの前後の爪部分はスチール製のようで強度的には大丈夫そうです。
スチール製のマガジンのアウターに溶接されています。

そんで出来上がったのが

給弾も問題無く動いてくれますicon01
ジャラジャラ言わない!
自分的にはそれだけでやった甲斐がありますicon22
そして元々のICS製多弾マガジンもそのまま使えるというicon22

ついでに失敗例

左:余計な加工したマガジン
右:未加工のマガジン
マガジンハウジング内で干渉しているような気がして
無駄にマガジン後方の爪の上部を削り落として
後からその必要が無かったことに気づくface07
できることならやる前の自分に
「良く観察してから加工しろよ」と言ってやりたいface07  


Posted by 低王  at 23:09Comments(0)電動ガン流用実験

2018年02月24日

STD電動ガン用ツーステージトリガー? Ver.3もやってみたった

以前にご紹介した
プラ板を用いた貧乏臭い電動ガンのトリガーストロークの調整
個人的にトリガーストロークの調整という意味合いよりも
擬似ツーステージトリガー的な状態になる方がツボに入りましてicon01

今まではVer.2メカボでやっていましたが
この度Ver.3メカボでもコレをやれるよう考えてみましたface02
ええ、Ver.3でコレをやりたい理由が出来たものでface03
それはまた別の記事にしますが(笑)

まずは通常の状態のVer.3メカボのスイッチ

スイッチの接点の位置は結構離れているため余裕があります。

ここにまたまたプラ板を貼り付けてやります。

今回はとりあえず2mm

すると

このようにスイッチがある程度前進した位置が待機位置となるので
ここまでの間トリガーは非常に軽く
このスイッチを押し始めるとトリガーは重くなるため
トリガータッチが全く違うという状態になります。
で、そこからほんのちょっとトリガーを引くと・・・bang!

・・・となる訳ですが
Ver.3メカボの場合はVer.2メカボとは違い
トリガーで直接スイッチを押している訳ではなく
別パーツを介しテコの原理でスイッチを押しているので
Ver.2メカボでコレをやるよりちょっとダイレクト感は落ちる
という結果となりましたとさ(笑)

あ!以前の記事で書き忘れていましたが

この加工をする場合はこのように
カットオフレバーと接する羽の部分を現物合わせで加工してやらないと
セミオートが撃てないとか
セミ/フルの切り替えが上手くいかないとか
そういうコトになりますのでご注意下さい。

真似してもいいですけど
カスタムは自己責任、自分は一切の責任は負いかねますicon23
特に理屈がよく解らないって場合は辞めといた方が無難ですのでヨロシクです。

え!?
誰も真似しないって!?
(´・ω・`)


  


Posted by 低王  at 22:39Comments(0)電動ガン実験

2018年02月23日

擬似ブローバック化 ICS 電動 GALIL

ご無沙汰しておりましたface03
家業でやっております今冬の土木工事も一段落し
ご依頼頂いておりましたバックオーダー分もようやく一段落したので
その他の仕事の合間を見ながらicon12

今回はICS製のガリルを擬似ブローバック化してみましたface02

CYMA製のガリルのブローバック化が見てみたいってお話しを頂いたこともありましたがすみません!ICS製で行かせて下さいicon11

以前にKING ARMS製のブローバックギミック有りモデルを所有していたこともあるんですが、どうしてもグリップ上部のセレクターと右面のセレクターがライブじゃないって所に不満があり手放した経緯がありまして・・・face07
CYMA製だとやっぱり同じ不満を感じてしまうことになるので
申し訳ありませんがICS製で。

基本的にはマルイ系ではない(VFC系?)AK系のスタンダード電動ガン同様の構造なので
以前のAKMなんかと同様にAPS製のメカボックスを使い擬似ブローバックギミックを追加しました。

セレクターの件以外にももう一つICSをベースにした理由がありまして・・・
“APS製メカボックスを使用しと”は文章では簡単に書きますが、その他の部分で問題になる部分があるんですねface07
APS製メカボックスは簡単に手に入りますが、
まずダミーボルトとピストンを連動させるための棒状のパーツが手に入らないicon11
これはまぁステンレス板でも切り出して作ればいいんですが、
もう一つの問題、ダミーボルトの材質。
スチール系であれば板金用ハンダでどうにでもなるんですが、
アルミ系だと形状的にどうにもならない場合は自分の技量では接着剤系を使うしかないため
結構重要な問題だったりします。
ピストンとダミーボルトを連動させるための棒状パーツを接続する必要があるため
ダミーボルトにネジの受けとなるパーツを真鍮板で製作、板金用ハンダで合体させています。
(画像だとダミーボルト裏側になんか金色っぽく見える部分ね)

動画はこちら


ICS製ガリルのダミーボルト自体はスチールでしたが
APS製のAK、CYMA、D-doysあたりのアルミ系ダミーボルトと比較しても
ほぼ音は変わらない感じですねicon11
  


2018年01月10日

スパイラルガスチューブ

引き続きハニバ弄りネタで
今回はエアーガンではただの飾りでしかないパーツですが
ガスチューブにちょっと拘ってみました。

機関部はAR15系そのままのガス直噴式ガスオペレーションとロータリーロックボルト。・・・ボルトのバッファーも大きく切り詰められ、ガス作動用の銃身内ベントが機関部にかなり近接したショートレングス・ガスシステムながら、作動は良好であるらしい。(Media Gun database)

とのことなのですが
ハニバのハンドガード内部のよく解る画像なんかが拾えなかったため
もう半分脳内補完

スパイラルガスチューブ仕様にしてみましたicon01

「え?何それ?」って方のために
(※これは実銃用パーツの話です)

ARMSのスパイラルガスチューブ。いくつかのメーカーも同じような製品を出しています。
見ての通りガスブロックが手前にあっても長さが取れるようにらせんになっています。動作が安定しにくいARピストルなどに向いているそうですよ。
(乾 宗一郎 様 著 文面と画像お借り致します。何卒ご容赦下さい。)

というまさにショートバレルのARじゃないと使う機会のないネタなのでハニバにもうってつけということで
パーツとしての販売は見かけないので自作してみましたicon22

で、ハイダーとサプレッサーも
ハンドガードがサプレッサーとその基部を覆っているため、一見MP5SDのような銃身一体型サプレッサーのようにも見えるが、実際は銃口装着型のQDサプレッサーである。サプレッサー基部に包まれた銃口部には同社製のブラックアウト・フラッシュハイダーが設けられ、銃身長は僅か6インチと極端に短い。(Media Gun database)
ということなので

アウターバレルにサプレッサーを直着けせずAACタイプのハイダーとQDサプレッサーの組み合わせへ


基本的には減音系の方に振る為にエアブレーキピストンとの組み合わせ
しかしショートバレルのせいで流速系の破裂音icon11

サプレッサーのスポンジやバッフルを制作し組み合わせてまた減音icon11
まさに拘るせいで何がしたいのか解らなくなっていっている悪い例ですね(笑)
セッティングのやり直しかな(笑)  


Posted by 低王  at 17:10Comments(0)電動ガンパーツ製作

2018年01月09日

ハニバ改ハニバ

新年明けましておめでとうございます。

毎年のことながら年末は家業の土木作業でご無沙汰しております低王です。

年末はなかなかネタが少ない状態ですが
ちょっと前からの造りかけのネタで暫く繋ごうかなと(笑)


独特のルックスで人気(最近は落ち着き加減)のハニーバジャーですが

ARES製 剛性には不満は無い(というかむしろ凄い)けど樹脂フレームなのとオリジナルテイストが加えられた外観

G&G製 こちらもアンビマグキャッチだったりデザインが更に複雑な感じだったり
オリジナルテイストがARESよりも更に強い感じのメタルフレーム

どちらににしろ大人の事情で「コレ!」ってベスト版が無く
自分と同じようにモヤモヤしている方は結構いらっしゃるのでは?

架空銃は好きではない自分ですが
この際オリジナルテイストな外観部分は妥協しながらむしろ自分的に好みの組み合わせのハニバを作ってしまうことにしました。

だってはにって製造メーカーが変わったりで外観もコロコロ変わるので自分的に「コレじゃなきゃ」ってのがあんまり無い子になってしまっているので(笑)

やっぱりメタルフレームは譲れないという部分から
G&G製をベースにARESのハンドガードを組み合わせてみました。

G&G製のアッパーフレームの前方はオリジナルのハンドガードと組み合わせる関係上特殊な形状をしているため、それに合わせた形でハンドガードを加工する必要があります。

ハニバは銃身長6インチって情報(Wikipedia)を元にバレルとハンドガード、サプレッサーのバランスを取って組み合わせるわけですが
ARES製 アウターバレルがやたら短くガスブロックは省略されている
G&G製 ガスブロックやガスチューブは再現されているけどアウターがちょっと長くサプレッサーを組み合わせると飛び出し過ぎる
という状態になるため、納得できるバランスのアウターバレルとガスブロック、サプレッサーを準備することになりました。

ガスチューブは改めてネタにしたい内容となりましたので
次回の記事にしたいと思いますicon01
  


Posted by 低王  at 09:17Comments(0)電動ガン