2017年05月23日

メタルサイドプレートを使用した作例

現在ガスリボルバー用ウエイトアップパーツとして
マルイ製 パイソン用サイドプレート
4&6inc用マズル
M19(M66)用サイドプレート
2.5&6inc用フロントサイト(4inc用はもう少々お時間下さいicon10)
マルシン製 ポリスリボルバー用サイドプレート
を制作、ヤフオクにて販売中ですが

成形の甘さや湯じわやス等があるため、研ぎ出しやスの処理等と塗装やブルーイングを行える上級者向けの商品です

と謳っておきながら、製作者である自分が作例を作っていなかったという(笑)
今回改めて作例ですicon10


マルシン製ポリスリボルバー
サイドプレートは制作したメタルサイドプレートを使用しています。

瞬間接着剤を流し込み大きなスを埋め
耐水ペーパーで研ぎ出し&足つけ
インディ製のパーカーシールで塗装してあります。
違和感の無いよう他のプラ部品も
インディ製のブライトステンレスを下地に吹き、その後パーカーシールで塗装
ただのマットブラックとは違う風合いにしてあります。

もとはこんな状態


塗装後の研磨とか無しの簡単な作例ですが
お客様のバックオーダーの合間を見ての制作なのでご勘弁下さいicon10
  


Posted by 低王  at 20:41Comments(0)ガスリボ塗装パーツ製作

2017年05月16日

マルイ製 M19(M66) 6inc用 メタルフロントサイト 販売開始

マルイ製ガスリボルバー M19(M66)6incユーザーの皆様お待たせしました!

6inc用金属製フロントサイト販売開始致しました!

2.5inc用同様重量アップのためフロントサイト裏の空洞を埋めた形で制作しております。

純正フロントサイト 4g(パテによる空洞埋め後)

金属製フロントサイト 34g

30gの重量アップになりますicon01

材質は金属製マズル同様亜鉛合金製
鋳物肌だったり湯じわ、成型の甘さ等もありますが
技術でカバーできる上級者向けアイテムとして販売いたしますicon01
ランナーの切り落としは行いますが
最終的な細部の調整、平面の研ぎ出し、湯じわやスの処理、塗装等を行える上級レベルの方用です。
販売価格はヤフーオークションにて¥2,800(即決¥3,300)
で出品させて頂いております。
2.5inc用より材料費がかさむためちょっと高くなりますがご容赦下さいicon11  


Posted by 低王  at 13:42Comments(0)ガスリボパーツ製作

2017年05月14日

S&T AW338 (L115A3) カスタム 専用サイレンサー制作

予告通り
今回はS&T製AW338のマズルブレーキ直接装着するサイレンサーの制作

マズルブレーキ先端のキャップを外すとM18 1.5ミリピッチの正ネジが表れる訳ですが
このネジに対応するサイレンサーを探すと言っても恐らく時間と手間の無駄になりそうなのと
マズルブレーキ先端のネジよりも手前に穴があるので
まんまサイレンサーを着けても効果が無さそうなので
この際納得のいく物を作ってしまおうということでicon01
マズルブレーキ自体を外した状態にアタッチメントを着けてサイレンサーを着けるって方法もあるんですが
そこはちょっと妥協したくないんでicon21
マズルブレーキ先端に覆い被さるような形状で制作するにあたり準備したのは
ARESオリジナルのエアコキボルトアクションライフル AMOEBA ストライカーの専用サイレンサー
こいつ・・・、値段そこそこ高いくせに中身何も入ってねぇっス・・・
どの道ダメダメな消音材入ってたところで詰め替えるからいいんですが・・・


こんな感じで取り付けネジ部がサイレンサー内の方にオフセットしているのがポイントで


こいつにさらにマズルブレーキ先端のネジに合うネジを組み合わせて制作していきます。
田舎のホームセンターのネジ売り場にはM18ネジなんてまあ無いので何でも売ってる都会のホームセンターが羨ましい・・・
水道管売り場なんかを散策して遂にエアコン用配管コーナーでようやく見つけた!
はい、下手に鉄製ネジだと加工が大変なので真鍮製でいいんですface05


こいつを加工して・・・
なんて文章で書くとアッサリしたものですが、
センターをズラさないよう14ミリくらいの穴を25ミリまで3分の1程度の深さまで拡大となると
最低でもまともな200Vのボール盤と25ミリまでのドリルの刃が欲しくなるので簡単な話ではありません。
自宅にそれくらいの設備があれば別ですが、無い場合は本業の人に頼むかしか手は無いかもしれません。
だって、そのサイズになるとドリルの刃だけで中古電動ガン1丁買える値段するもん・・・
で、いびつな感じのマズルブレーキもちょっと削り直し
サイレンサーの蓋にもともと切ってあったネジも削り落とします。

で組み合わせるとこんな感じ。

サイレンサーの蓋と制作したネジをメタルロックで接着
マズルブレーキにハメているOリングはセンター出しをする為に。
ここの接着で失敗したらサイレンサーどころか巨大マズルキャップになっちゃいますからね(笑)

そのままだとマズルブレーキ先端のネジ手前の穴はサイレンサーを着けると隠れはするものの
音はダダ漏れであることに変わりは無いので
平型パッキンゴムを貼り付け塞ぎ出来上がりicon22

と、全くお手軽感の無い専用サイレンサー制作でした。

  


Posted by 低王  at 23:27Comments(0)ボルトアクションパーツ製作

2017年05月13日

S&T AW338 (L115A3) カスタム チャンバー弄り

どうも、田植え時期になり体がバキバキに痛い低王ですicon11

今回はS&T製AW338(L115A3)を弄っていきます。
カスタムベースとしてのS&T製AW338の簡単なレビュー的なコトというかですが、
ARES製のAW338(エアー)のアレンジ版コピーですが大きな相違点があり、
ARES製はトリガーメカがVSR方式(あまり高いレートのスプリングだとシアーがナメるし操作感も悪い)なのに対して
S&T製は前倒れ式のシアー方式のトリガーメカになっている点(どちらかと言えば流速なんかにする場合はこの方式の方が向いていると自分は思っている)
そしてチャンバー周辺が残念ながらS&Tのオリジナルになっちゃっているコト・・・
総じて言うと潜在能力を引き出す為にARES製よりも手間のかかる子(銃)と言った感じですicon03
まあそこが良くて自分は好き好んで弄るワケですが(笑)

最近のS&T製のボルトアクションライフルについて思うこと
今回のAW338にしろM1903にしろなのですが、
全体的によくできていると思いますしある程度の調整でそこそこのレベルにはなってくれるのはいいのですが、
それ以上を望むとなると話は別で
チャンバーパッキンとシリンダーヘッドがS&Tオリジナルの形状であるため
いろいろと魅力的なVSRやGBB系のチャンバーパッキンが使えず
普通に弄ろうとした場合、チャンバーパッキンの選択肢が無いというのは
ボルトアクションライフルを弄る上でかなりネックになる部分だと思うんですよねface07

さて、問題となるチャンバーブロック

ぶっちゃけ面倒だからオリジナルテイストを入れずにまんまコピーしてくれた方がありがたいicon11
たまたまARES製のチャンバーブロックが手元にあったので流用しちゃいますicon01
給弾口位置とアウターバレルに組み付ける穴位置がたまたまドンピシャでしたface03
右 S&T製のチャンバーブロック
左 ARES製M40A3のチャンバーブロック


外径はこの通り違いますがARES製のチャンバーブロックは樹脂製なのでサクサク削れますicon22

削り終わった後の感じ。

で、組み合わせる上でまたまた問題となるシリンダーヘッド。
シリンダー自体はステンレス製?に真鍮製のシリンダーヘッドで悪くはないんですが、
VSR系のチャンバーパッキンと組み合わせるとなるとノズル長も短くノズル径も細いため
まあロクなことにはならないのは見え見えな感じなので

ARES製のチャンバーブロックとVSR系チャンバーパッキンに合わせて制作してみました。
いや、VSR用のシリンダーセットの流用も恐らく可能(加工は間違いなく必要でしょうが)なんですけど
基本的にああいうセットって高いじゃないですかicon10
自作ノズルであれば好きなくらいいろいろ試す上で作り直しききますしねicon22

次回は専用サイレンサー制作記事の予定ですicon01  


Posted by 低王  at 22:50Comments(0)ボルトアクション流用

2017年04月27日

マルシン製 ポリスリボルバー メタルサイドプレート 登場

全国のマルシン製カート式ガスリボルバーファンの皆さんお待たせしました!

マルイ製パイソン、M19(M66)用メタルサイドプレートに引き続き
今回はお問い合わせなんかも頂いたりしたので
マルシン製ポリスリボルバー用メタルサイドプレートを制作しましたface03

では

こちらはノーマル状態のHWモデルの重量

純正サイドプレート(HW)の重量

約30gの重量アップになります。
パイソン、M19用とは違い今回は重量アップのための形状変更が難しかったので形状は純正と同じになります。
純正サイドプレートにある正直カッコ悪い刻印は消させて頂きましたicon01

材質は亜鉛合金製
鋳物肌だったり湯じわ、成型の甘さ等もありますが
技術でカバーできる上級者向けアイテムとして販売いたしますicon01
ランナーの切り落としは行いますが
最終的な細部の調整、平面の研ぎ出し、湯じわやスの処理、塗装等を行える上級レベルの方用です。
販売価格はヤフーオークションにて¥5,000(即決¥5,500)
で出品させて頂いております。  


Posted by 低王  at 22:15Comments(0)ガスリボパーツ製作

2017年04月25日

擬似ブローバック化 マルイ AA-12 + サイクルコントロール

久々の擬似ブローバックネタです。
やっちまいました・・・
このバカはいずれやるだろうと思っていた方々、お待たせいたしました(笑)
今回はマルイ製AA-12の擬似ブローバック化です。

AA-12というと
自分の中ではどうしてもイメージが

エクスペンダブルズのテリー・クルーズなんですよね(笑)
なもんで
どうしてもノーマルのサイクルの速さが気に入らず
ローサイクル化は行いたかったため
しあわせ研究所さんのサイクルコントローラーを使用し
サイクルコントロールも同時に搭載してみました。
なのでマルイ純正FETはオミットしちゃってます。

動画はこちら


予想以上に煩くなったのは嬉しい誤算
実銃動画なんかを見て研究してから制作さてみましたが
発射する毎にコッキングレバーがもう少しグダグダな感じで暴れるようになれば良かったのと
手持ちになかなかいいスプリングが無く
リコイルスプリングのレートがちょっと低かったようで
ちょっとダミーボルトの動きが良くないですが
そこはまた調整ですね
icon11  


2017年04月24日

A&K M870 ダメダメバレルをリサイクルしてみる

引き続きA&K製M870ネタです。

前回の記事でマルイ製エアコキショットガンのインナーバレルの流用について書きましたが、
たまたまジャンクがあればいいものの
改めてインナーバレル類を揃えるとなると
マルイさんに注文した場合
インナーバレル ¥900(税別)×3本
ホップパッキン ¥100(税別)×3個
送料+現金書留封筒代+手数料が発生し
高くはないがリーズナブルでもないので
どうせゴミにするくらいならダメ元で
インナーバレルに加工を行い再利用できるならした方がいいということで
結果はどうあれやってみることにしました。

前回記事同様に加工したホップパッキンを使用できるよう
パッキンと合わさる部分を成型
3本同じように加工するのは面倒と言えば面倒ですが
金かけるより手間かけろということで
バレル長も短縮しマズル部分を成型
ちょっとしたコツがありますがそこは秘密の方向でface06

脱線しますが
A&K製M870はメカボが金属製なのはいいですが
メカボを閉めるネジ自体がこのように

2.2mmくらいの変なサイズのタッピングビスであるため
何度か分解組立てを繰り返しているとネジ穴がバカになってしまったり
最初からネジ穴がナメてしまっていたりするので
M2.6のミリネジを使用できるよう加工を行いました。
電動ガンなんかもそうですが、閉まるべき物がちゃんと閉まっていないと
結果的に良い事はありません。

M2.6ミリネジのネジ頭がそのままでは収まってくれないため
ネジ穴自体の加工×4カ所を要します。
そしてドリルでそのまま拡張する訳にもいかないタチの悪いネジ穴位置icon11

タップでネジ山を切り直し




さあ、マルイ製インナーバレル流用よりもいい結果は出るのか?!


インナーバレルを短縮したため
スペーサーを固定する位置する位置も変わってしまうので
固定するためのネジ穴も開け直す必要があります。


結果的には
マルイ製インナーバレル流用と変わらないか
むしろいいくらいの結果となりましたicon01
手持ちの全部コレでいくとしようface05

  


Posted by 低王  at 00:35Comments(0)ショットガン流用パーツ製作

2017年04月21日

A&K M870 再調整してみる & まとめ的な

引き続きA&K製M870ネタです。


前回“分解してみた”の記事の時点で
ショットガンだし飛距離や命中精度は求めない
コッキングを軽くした上で初速も60台出ていれば良し
フリクションロスとか電動ガンじゃなしにとりあえず置いといて
といった感じで割と手を抜いて弄っていましたが
今回久々に分解したついでに
ちょっとだけやれるコトやってみようかなと

そのままではマルイ製シェルマガジンが使用できない(できるケドかなりキツい)ため前回同様削り倒し、
メカボ内部は湯口なんかのバリが酷かったりするので
湯口という湯口を全てさらいバリを削り落とし
塗料が摺動部にも結構着いているので落としていきます。

今回は普段電動ガンのメカボのバリ取りを行っているのと同様の方法でガッツリやってみました。

アクションバーの擦れる部分のバリ取りと
開口部の割れ防止加工もしてみました。

スプリングは通常はマルイ製エアコキショットガンと同様太径と細径のダブルスプリングの状態ですが
今回もコッキングの軽さを重視して太径1本のみで組んでいきます。
元から入っているスプリングを使用してもいいのですが
径が電動ガン用スプリングとほぼ同じ(ピストンに無理無く収まる)径なので
実験として海外製電動ガンにデチューンした際に組み込まれていた
M130くらいの硬さの電動ガンには使用したくてもできないような長さのものを組んでみます。
(流速ハイサイクルとか自分は作らないのでM130とかはまともなスプリングがあってもまず使うことは無いんですケドねicon11)

そして以前組んだもののホップのかかりがイマイチだったのと
インナーバレルが3本中1本が凄くハズレな感じだったりといろいろあったので
今回はマルイ製ショットガンのインナーバレルが流用可能かどうか
ちょうどジャンクパーツが手元にあったので試してみました。

アルミのがマルイ製、真鍮のがA&K製
ホップパッキンの長さが違うためそのままポン組みは無理でした。
とりあえずお試しで

長さを合わせるためホップパッキンのテーパーのかかった部分から切除
組み込んでいきます。

シリンダー容量に対しそのままではバレル長が長過ぎるため
容積を計算してバレルを短縮
A&K製の真鍮バレルも一応一度組み込み初速測定して比較してみると
約10くらいアップできることが判りましたface10
計算してみるとA&K製の真鍮バレルもデフォの状態でシリンダー容量に対してバレル長が長過ぎるようです。

マルイ製インナーバレルとホップパッキンへ変更したところ
ホップのかかりは改善されいい感じではありますが
イマイチまだ弾のまとまり方が有効な感じとは言えないため
もう少し煮詰めてみる必要がありそうです。

ということでA&K製M870は
以前の記事でも書いた通り、まずパーツの互換性に難があること
快適に使用できる状態にするまでにそれなりに手間がかかること
こういった部分を考えると
間違い無く自分で弄れない人はわりとすぐゴミにしてしまう
もしくはカスタム及び修理費用がかさむ状態になると思われるので
ハッキリ言ってオススメはできません。
ただ、マルイ製やCYMA製に無い魅力があることも確かです。
  


Posted by 低王  at 23:18Comments(0)ショットガン流用

2017年04月19日

A&K M870 ロング のストックがいただけない件

久々のショットガンネタです。

ガスがあまり好きではない自分的には
ゲームユースに耐える、それでいて気にし過ぎなければ鑑賞にも耐える
ポンプアクションするショットガンのエアーガンとしては
今のところもうコレ一択ってくらい
A&K製M870(3バレル3ショット版)にハマっていたりします(笑)

すでにオリジナルの状態ではありませんがicon11

以前の記事(M870を分解してみた)のとおりマルイ製のメカのアレンジ版で互換性はほぼ無いのは難点でもありますが

剥き出しのアクションバー
同じ3バレル3ショット型の海外製M870のCYMA製とは違いこの部分がちゃんと剥き出しになっています。
この部分のためだけにCYMAではなくA&Kを選んだと言っても過言ではありません。

A&Kからはバリエーションとして
ブルドッグ、ミドル(タクティカル)、ミドル(フォールディングストック)、ロングが販売されていますが、
自分としては結構内容が痛し痒しな感じです。
ここが外装弄りをしようとすると一番ダメなところになってくるんですが
ロングバレルにマガジンチューブエクステンションが付属するのはロングだけなのですが、

こういう非常に残念な固定ストックが付いてきちゃいますicon10
そしてストックを変えようにも

ストック基部がこんな状態な上、ビシッとこのパーツだけ分割式の鉄鋳物のようで加工するにもおっ苦うなので、おいそれとストック交換がききません。
マルゼン製CA870コピーの単発版の頃もそうでしたが、A&KさんのM870のいただけない部分だけはしっかり継承されているようですicon11
ミドルの方はストック交換しやすい基部になっており、
ロングの方も同じストック基部にして貰いたかったicon15
でなければロングのアウターバレルとマガジンチューブエクステンションだけパーツ売りしてくれればいいのになぁface07

  


Posted by 低王  at 23:17Comments(0)ショットガン

2017年04月15日

マルイ製 M19(M66)用 金属パーツ 製作 販売開始

マルイ製ガスリボルバー
M19(M66)愛好家の皆様お待たせしました!

前回記事の予告通り
金属製サイドプレート & 金属製フロントサイト
フロントサイトについては現在手持ちが2.5incだけだったので
4incと6inc用はおいおい製作したいと思いますので
今回はホントごめんなさいですicon11

とりあえず比較ですが
カート化を行っただけの状態

ちなみに一番最初の画像がフロントサイトとサイドプレートを金属製に換装した重量ですicon01


純正フロントサイト
パテ埋め後の物で3g(ノーマルだと2gくらい?)

金属製フロントサイト 27g


続いてサイドプレート

純正サイドプレート
肉厚アップ箇所にゴム板やらプラ板がある状態で9g
(ノーマルだと8gくらい?)

金属製サイドプレート 60g


パイソン用金属パーツ同様
材質は金属製マズル同様亜鉛合金製
鋳物肌だったり湯じわ、成型の甘さ等もありますが
技術でカバーできる上級者向けアイテムとして販売いたしますicon01
ランナーの切り落としは行いますが
最終的な細部の調整、平面の研ぎ出し、湯じわやスの処理、塗装等を行える上級レベルの方用です。
販売価格はヤフーオークションにて
フロントサイト¥2,500(即決¥3,000)
サイドプレート¥5,000(即決¥5,500)
で出品させて頂いております。  


Posted by 低王  at 23:02Comments(2)ガスリボパーツ製作